【西中島南方】きし元

西中島のらーめん店「㐂蕎麦司 きし元」

西中島のらーめん店きし元

大阪の西中島南方にあるらーめん店、㐂蕎麦司 きし元に行ってみました。店名に付く「㐂蕎麦司」は、「きぃそば」と呼ぶようです。
2022年3月現在、昼のみの営業となっていますが、わりと遅い時間まで営業しているので西中島のラーメンランチ難民にとっては救いのお店でもあります。

お店はの場所は、大阪メトロ(地下鉄)御堂筋線の西中島南方駅から西側に300mほど。だいぶ前は「えびす丸」があった場所ですね。サニーストンホテルの向かい側のやや十三よりにあります。

きし元のメニュー

きし元のメニュー

入店して、右手の券売機で食券を買います。らーめんは、出しそば、黄い蕎麦、あわい蕎麦の3種のメニューがありました。左上に一番安いだしそばを大きいボタンで配置する潔さよ、そして「おすすめ」だと!
ちなみに、後で気づきましたが、一番下の大きいボタンの丼セットもけっこうお得になっています。

きし元の出しそばを食べる

きし元の出しそば

定番っぽい出しそば(650円)を注文してみました。あまり値段のことには触れないようにしていますが、今時650円でちゃんとしたチャーシュー入りの美味しそうならーめんです。

濃厚な鶏白湯スープ

見た目通り濃厚な鶏白湯スープ。あわあわしていますね。

チャーシュー

チャーシューは、ローストポークが2枚ほど入っていました。

出しそばを食べてみた

麺をいただきます(^¬^)
クリーミィー系の鶏白湯。クセが強くなく万人に食べやすいタイプの鶏白湯らーめんだと思います。

小料理やっぽい店構えって大将が気難しそうにイメージですが、大将もスタッフの方を含め丁寧な接客をされていました。
店名の七七七の「㐂」の漢字は「喜(よろこぶ)」の異体字だそうですので、らーめんを通して喜びを提供したいという方針でしょうかね!?またリピしてみます。

きし元の黄ぃ蕎麦を食べる

きし元の黄ぃ蕎麦

きし元に再訪、黄ぃ蕎麦(730円)を注文してみました。ドッピングは、チャーシュー、ねぎ、玉ねぎになっています。

きし元の黄ぃ蕎麦を食べてみた

黄ぃ蕎麦は、淡い醤油味の中華そばという感じで、麺はにゅるっとした歯触りでした。

ごちそうさまでした。

【㐂蕎麦司 きし元 店舗情報】
業態 らーめん
所在地 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島4丁目11-2
営業時間 11:00~16:00 ※コロナ対策での営業時間の変更の場合有り。
定休日 日曜日
駐車場 無し
TEL
席数 18席前後ぐらい(テーブル&カウンター席)
最寄駅 大阪メトロ御堂筋線 西中島南方駅/阪急京都線 南方駅
備考 ※禁煙
公式HP https://twitter.com/Chinasobakisi
Google評価 4.5(2022.3 134件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【㐂蕎麦司 きし元 地図】

 この記事の閲覧数:3,002 ビュー

コメント