【大阪梅田】大阪駅前第4ビルの神虎でつけ麺を食べてみました!

大阪駅前第4ビルのラーメン店神虎

神虎 大阪駅前ビル店

大阪駅前第4ビルにあるラーメン店「神虎(かみとら)」にランチ入店。第4ビルの人通りの多い一番東側の通路の角にあります。豚骨ラーメンのお店ですが、豚骨臭(いわゆる獣臭)はほぼありませんでした。

券売機制で、店内はカウンター席とテーブル席。一人客はカウンター席。お昼の混む時間帯で、座る席は指定される感じでした。スタッフさんは基本元気いい系の接客です。

神虎のラーメンメニュー

神虎のラーメンは、博多豚骨と関西出汁を融合した仕上げのようです。メニューは、「神虎」は定番のラーメン、「黒虎」は焦がしとコクを強めたもの、「赤虎」は辛みをフューチャーしたものになるようです。つけ麺は、スープを醤油・塩・季節タレから選べます。ほか、餃子やチャーハンなどのサイドメニューがあります。

神虎の券売機

で今、券売機の写真見ると、「漢のにんにく醤油(790円)」なるボタンがひっそりとありますね、めっちゃ食べてみたいラーメンですけど(笑)。

蟹白湯つけ麺を食べる

蟹白湯つけ麺

つけ麺(850円)を注文。スープを醤油、塩、蟹白湯(かにぱいたん)から選べるとのこと。「カニ白湯って何やねん!?」と思いこれはを食べてみることに。つけ麺の人気をスタッフさんに聞いたら醤油がよく出るというので、「チョイス失敗したかも!?」と思いましたが、珍しいものを果敢に注文するのが食べ歩き道じゃないですか!なお、麺の量は無料で大盛りが選べるので大盛りに。

つけ麺

つけ麺の麺はつるつるしこしこでいかにも旨そう。周りに敷き詰められているのは、メンマさんです。

つけ麺のスープ

かに白湯のスープ。とろみがあります。一口飲んでみると、「あれ、これけっこういけるっじゃない!?」というのが正直な感想。なお、この季節限定の「蟹白湯」スープは4月(2021年)まで実施しているようです。

つけ麺を食す

麺をいただきます(^¬^)

スープは、味が濃いいので麺の半分ぐらいつけるだけでいいかもしれません。

卓上調味料

なお、卓上には、高菜、ニラ、紅ショウガなどが設置してあります。横のラーメンを食べていたサラリーマンの方がニラめっちゃ入れてました。

なお、周りの注文を見てるとラーメン系が多い感じでした。次は、ラーメンを食べようかな。

ごちそうさまでした。

【神虎 大阪駅前ビル店 店舗情報】
業態ラーメン店・つけ麺店
所在地〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目11?4 B1F 大阪駅前第4ビル
営業時間11:00~23:00
定休日
駐車スペース無し
TEL06-6342-5746
席数22席(テーブル&カウンター席)
最寄駅大阪メトロ谷町線 東梅田駅/御堂筋線 梅田駅/JR北新地駅
備考※禁煙
公式HP

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【神虎 大阪駅前ビル店 地図】

 この記事の閲覧数:2450Views

コメント