【大阪・千林】人気のらーめん店、MARCO

千林にあるラーメン店MARCO

大阪千林のらーめん店、MARCO

大阪市旭区の千林(せんばやし)にあるらーめん店のMARCOに。2018年6月オープンのお店で、現在、人気のらーめん店になっています。入店待ちは店前の道路の向かい側に並びます。

真夏の一番暑い時期、店員さんが待っている人に団扇を貸し出していました。なお、接客は感じのいい系のお店です。

MARCOへの行き方

MRACOは、千林駅の南側にあります。初見でちょっとわかりにくかったですが、千林商店街から駅を挟んで反対側の場所ですね。
道案内としては、千林駅の改札を出てすぐ右手の高架下をくぐり右に曲がった先にMARCOがあります。

コロナ対策、お客様へのお願い

新型コロナ対策でのお客様へのお願い。店内での会話はマスク着用となっています。でこの日は実際に二人連れのお客さんがついマスク無しで会話したのをやんわりと丁寧に注意されていました。お客さんの方も納得していました。

千林にあるらーめん店のMARCOのメニュー

MARCOのらーめんメニュー。鶏清湯の醤油・塩、鶏白湯の醤油・塩、魚介オイルの油そば、というレパートリーになっていました。限定メニューもあり、この日は冷やし煮干しそば/冷やし煮干かけそば。あと、レアチャーシュ―ステーキ丼や〆飯といったご飯メニューもありました。

淡麗醤油らーめんを食べる

淡麗醤油らーめん

鶏清湯スープの淡麗・醤油らーめん(750円)を注文しました。
麺の流れも揃えられていて綺麗なビジュアルです。なお、焼き目の付いたヤングコーンは中がちょっと生っぽかったです(たまたまかor気のせいかも)。

淡麗醤油らーめんのスープ

醤油スープは、独特のコクが口の中にふっと出て、味を〆てくれていて美味しいですね。

チャーシュー

チャーシューは豚のレアチャーシューが2枚と鶏チャーシューが1枚。レアも美味しかったですが、歯応えのある鶏チャーシューが特によかったです。

らーめんを食べる

麺をいただきます(^¬^)
麺は細麺。最後まで美味しくいただきました。これはどこのらーめん店でも同じですが、スープのきめ細細かな味わいが麺と一緒に食べるとどうしても薄れてしまうのは難しいところですよね。完麺した後もスープを数回啜りました。

ごちそうさまでした。

【MARCO 店舗情報】
業態らーめん店
所在地〒535-0021 大阪府大阪市旭区清水1丁目18-15
営業時間11:00~15:00/18:00~22:00 ※コロナ対策での営業時間の変更の場合有り。
定休日火曜日
駐車スペース無し
TEL
席数7席(カウンター席)
最寄駅京阪電車 千林駅
備考※禁煙
公式HP
Google評価4.2(2021.7 151件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【MARCO 地図】

 この記事の閲覧数:5650Views

コメント