【東淀川区】フェニックスの涙

フェニックスの涙

大阪市東淀川区に2016年2月にオープンした、つけ麺店「フェニックスの涙」さんに。西中島の人気のつけ麺店「時屋」さんの2号店になります。
場所は、淀川通り(府道14号)の[菅原3]交差点から少し南に下がった道路沿いですね。駅で言えば下新庄ですが、500m以上で歩くのはかなり遠いですね。

フェニックスの涙の横にあるコインパーキン

大通りからお店の横の道に曲がったすぐにコインパーキングはありました。AZパーク24菅原4丁目、昼は40分200円、夜は60分100円でした(2017年3月時点の情報)。

フェニックスの涙

店前掲示。時屋さん同様、無添加・無科調のお店ですね。

券売機

入店してすぐ右前に券売機があります。

フェニックスの涙の店内

店内はカウンター席と奥側に4人がけテーブルが二つほどあったかな。
お水はセルフ。スープ割り用の出汁カウンターにも置いてありますね。

フェニックスの涙のつけ麺メニュー
フェニックスの涙のつけ麺メニュー(※2017年2月時点)

  • 濃厚パイタンつけ麺(300g)…880円
  • とりつけ麺(300g)…850円
  • 辛つけ麺(300g)…850円

※麺大盛り450gは+80円
※表示グラムが、茹で上げ前か後かは不明です。

つけ麺だけでなく、らーめんメニューとして淀川ブラック(700円)、中華そば(700円)、油そば(700円)もやっていました。

濃厚パイタンつけ麺

濃厚パイタンつけ麺(880円)を注文しました。

濃厚パイタンつけ麺

つけスープ。とろみが強く濃厚そう。スープの具のネギは臭みを消したり、いいアクセントになりので嬉しいですね。

濃厚パイタンつけ麺

麺は全粒粉。

チャーシュー

時屋でお馴染みのとぐろを巻いたビッグチャーシュー。これも文句なく旨いです。

濃厚パイタンつけ麺

いざパイタンつけ麺実食。濃厚なパイタンスープに麺も進みます。
濃厚なつけ麺に食べ慣れてきてるので、めっちゃ驚きがあるわけではないですが、普通に美味しいです。

だしご飯

そして、つけ麺を食べ終わってから最後に出されるだしご飯。時屋でもおなじみですね。

だしご飯の食べ方

〆のだしご飯の食べ方。つけ汁を2~3杯かけていただきます。
自分はご飯の山を崩さずに食べる派ですね。梅の香りでさっぱり。

接客も時屋と同様によく声を出す系統で丁寧です。場所的に、駅から遠く駐車場がない幹線沿いということで立地条件が少しに気になりますが、同様の条件で近隣には麺や輝(てる)さんもありますので、大丈夫かもしれません。

ごちそうさまでした。

【フェニックスの涙 店舗情報】
業態 らーめん・つけ麺店
所在地 大阪 大阪市 東淀川区 3-18-14
営業時間 11:30~15:00/18:00~23:00
駐車スペース 無し
TEL ***
席数 14席前後
最寄駅 下新庄駅or淡路駅※どちらも徒歩15分ぐらい
備考

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【フェニックスの涙 地図】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。