【梅田】阪神梅田本店のパン屋さん PAUL(ポール)

阪神梅田本店のパン屋さん PAUL

阪神梅田本店のパン屋さん PAUL

大阪梅田の阪神百貨店梅田本店にあるパン屋さんPAUL(ポール)に。1889年にフランスの北部の都市リールで創業された老舗のパン屋さんだそうです。

※2021年7月情報修正
PAULさんの店の場所は、阪神百貨店の工事の関係で以前とは変わっています。2021年7月時点では、阪神梅田の地下1Fの食品売り場の南側の通りにありますのでご注意ください。

PAULのクロワッサン

PAULの一番人気というクロワッサン。
クロワッサンなどヴィエノワズリーの生地はフランスから直輸入のものを使用しているようです。

菓子パン

同じく菓子パン系のヴィエノワズリー。

固い発酵パン

PAULの人気の堅パン。フランス産の小麦を使用していて低温長時間発酵を基本に作り上げられているそうです。うーん見るからにカチカチ堅そう。

パン・ド・ミ・ポール

PAULの食パン「パン・ド・ミ・ポール」。発酵バターとミルクの風味が特徴食パンですね。

PAULで買ってきたパン

PAULのパン

ということでPAULのパンを買ってきました。

クロワッサン

Paulのクロワッサン(227円税込)。一番人気ということで購入。食べてみるとなめらかなバター風味を感じるクロワッサンでした。

クイニーアマン

Paulのクイニーアマン(292円税込)。クロワッサンと同じ生地を使用しているというクイニーアマン。生地の中にもシロップが織り込まれていました。

クロワッサン・オ・フロマージュ

クロワッサン・オ・フロマージュ(314円税込)。
「フロマージュ」はフランス語でチーズの意味です。チーズのトッピングがアクセントになったクロワッサンですね。

タルト・ブリオッシュ

タルト・ブリオッシュ(税込303円)。ブリオッシュ生地のチーズパン。ブリオッシュの食感とチーズを同時に楽しめます。

>パン・ド・カンパーニュ

パン・ド・カンパーニュ(ロン)(1/2サイズ 税込238円)。
ライ麦、ルヴァン種を使用したフランスパン。購入時に希望するとパン切りで切ってくれます。厚みもある程度指定出来ました。このパンは、そのまま食べるのではなく、具材をトッピングして食べるのがよいでしょうね。

PAULバレンタイン限定パン

なお、バレンタイン期間は、こんな限定パンも販売していました(2021年1月下旬撮影)。

機会があれば、またパンを買ってみます。

【阪神梅田本店のパン屋さん PAUL 店舗情報】
業態パン屋さん
所在地〒530-8224 大阪府大阪市北区梅田1丁目13?13 阪神百貨店 1階
営業時間10:00~21:00
駐車スペース無し
TEL0663450483
席数持ち帰り販売のみ
最寄駅阪神梅田駅/大阪メトロ 梅田駅・東梅田駅/JR大阪駅/
備考※禁煙
公式HPhttps://www.pasconet.co.jp/paul/

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【阪神梅田本店のパン屋さん PAUL 地図】

 この記事の閲覧数:5,010 ビュー

コメント