【うめきた広場】シティベーカリー(THE CITY BAKERY)

梅田シティーベーカリー

うめきた広場の地下にあるシティーベーカリー(THE CITY BAKERY)に。
1990年にモーリー・ルービンがニューヨークで創業した人気のベーカリーカフェの日本初出店店舗になります。

イートイン

店内はパンの販売エリアとイートインエリアがあるのですが、区画が微妙にずれています。
カフェ利用したい人は先にイートインコーナの席を確保してからパンなどを購入します。ドリンクの販売もしていますね。イートインコーナーは、結構混んでいて満席のことが多いです。

ドリンクメニュー

シティーベーカリーのドリンクメニュー(2017年12月時点)。
種類は豊富ですね。ブレンドコーヒがS350円、M400円、ホットチョコレートが620円(ミニは350円)といった感じでした。

梅田シティーベーカリー

土曜の夕方は、パン購入でけっこう行列ができていました。

パン購入

トレイとトング(パン掴み)をゲットしてからパンの購入がスタート。

パン売り場

パンの陳列スペースはそれほど広いわけではなく、一角で売られているという感じです。中央の上の段では、マフィン系が推されていました。胡麻と大納言小豆のマフィンは320円+税。

クッキー

窓側にクッキー系など。
相場的には、普通のパン屋さんよりは1個あたり値段が100円以上高い感じです。それでも、どんどん売れていく感じなのでそれだけ人気(値段相応)ではあるということなんでしょうね。

CBブレッド

もっちりした山型の食パン、CBブレッド。一斤が860円、ハーフサイズが430円で売られていました。

パン買ってきた

ということで買って来ました。

フーガス

グリュイエールのフーガス(270円+税)。
パン生地を薄く大きく伸ばしているせんべえのようなチーズパン。
外側の生地が薄いところは、パリッとしていて、内側の生地が重なっているところは、固めでもちっとしてます。口の中に入れて噛み続けると濃厚なチーズの味が生地から溶け出してくる感じ。
普通に美味しいですし、ハマる人にはハマりそうです。

ホールウィートのクロワッサン

ホールウィートのクロワッサン(290円+税)

ホールウィートのクロワッサン

表面がクロワッサン特有のバリッと感があるのは当然として、中にも重層的に生地か折り重なっているようで、かなりぎっしりずっしりしています。見た目以上に食べごたえがあり、一個でもお腹が膨れる感じ。女性は一つでも十分かもしれません。

プレッツェルクロワッサン

プレッツェルクロワッサン(310円+税)。
このシティーベーカリーで一番人気なのがこのプレッツェルクロワッサン。
発酵バターを使っているそうで、味的には、塩バタークロワッサンといったところでしょうか。飽きのこない味かもしれません。重層的な食べごたえもいいですね。

プレッツェルクロワッサン

先のひねり?の部分では、カリカリ感をより楽しめますよ(*´▽`*)♪

ごちそうさまでした。

【シティベーカリー(THE CITY BAKERY) 店舗情報】
業態 ベーカリーカフェ
所在地 〒530-0011 大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪うめきた広場 B1階
営業時間 7:30~20:00
駐車スペース 無し(フランフロント大阪駐車場)
TEL 06-6359-2010
席数 49席
最寄駅 JR大阪駅
備考 ※完全禁煙
公式WEB http://thecitybakery.jp/

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【シティベーカリー(THE CITY BAKERY) 地図】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter