【十三】徳島らーめん 東大

徳島らーめん 東大 十三店

十三にある「徳島らーめん 東大」十三店に。「徳島らーめん東大」は、事務所が徳島にあり、関西には10数店舗の系列店があります。他、「麺王」や東北にある「人生」もグループ店のようです。店名の意味は、けっこうストレートですが、ラーメン界の東大を目指すという意味ですね。

このお店は、アーケード商店街からも反対側の通り(十三筋)からも、どちらからも入れるようになっています。

東大 十三店のメニュー

商店街側から入ってすぐ右手に券売機があります。
メニューは、徳島ラーメン/こってりラーメン/白ラーメンの3種になっています。白ラーメンは、徳島ラーメンの中のいわゆる白系で、とんこつラーメンに近いかな。餃子は単品8個が330円、餃子4個+白ご飯のセットが280円でした。

東大 十三店の店内

店内は長細い間取りでカウンター席がズラーっと。大通り側にテーブルが一つだったかな。

生卵サービス

最初に目に入るのが、この籠に入った生卵じゃないでしょうか。そう生卵サービスのお店です。

もやしキムチ

テーブルに置かれたもやしキムチも食べ放題になっています。

徳島ラーメン

徳島ラーメン(680円)を注文。

徳島ラーメン

チャーシューではなく、まんま牛肉が入っています。

徳島ラーメンスープ

徳島らーめんということですが、スープは、しょうゆベースのややこってり目といった感じです。おそらくセントラルキッチン形式のスープなんでしょうが、万人に合うよう上手く整えられているのでしょう、悪くなはなく美味しかったです。

徳島ラーメン

麺もまあ不可無くという感じです。先入観無く食べていて、中華そば風かな~という感じで食べていました。

徳島ラーメン

少し食べて、卓上サービスの生卵を投入。

生卵を入れてかき混ぜて食べると、味は一気にすき焼きに寄りました。すき焼きは好きなので、正直味的には美味しいのですが、もはやラーメンという食べ物ではなくなった感があります。すき焼きで麺を卵につけて食べているのとそう変わらないのかな!?。肉なんてまさにすき焼きに(笑)。
ちなみに徳島ラーメン本場では、ごはんのおかずとしてラーメンを食べるそうなので、こってり目の味も白ご飯とちょうど会うのかもしれませんね。

餃子

セットの餃子は4個です。白ご飯はおかわりOKとのこと。後になってき気づきましたが、ごはんに生卵で卵かけご飯もできましたね・・・。

ごちそうさまでした。

【徳島らーめん 東大 十三店 店舗情報】
業態 らーめん店
所在地 大阪府大阪市淀川区十三本町1丁目10-3
営業時間 11:00~24:00
駐車スペース 無し
TEL ***
席数 19席
最寄駅 阪急 十三駅
備考

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【徳島らーめん 東大 十三店 地図 】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter