【天満橋】らーめんつけ麺 岡本商店

天満橋のらーめんつけ麺 岡本商店

天満橋のらーめんつけ麺岡本商店

大阪市中央区の天満橋にある、らーめんつけ麺岡本商店に行ってみました。

天満橋から谷四に続く大通りの谷町筋沿い。すぐ近くに大阪法務局などがありますね。岡本商店があるビルの地下1Fに下りる階段がビルの窪んだところにあり、京阪天満橋駅から坂を上がっていく場合はやや気づきにくいかもしれません。

岡本商店の地下の入り口

地下に下りて奥手にお店があります。店内は厨房を囲む「コ」の字のカウンター席になっています。お水はセルフ。たまたまかどうかわかりませんが、女性スタッフが多め。接客の愛想は良かったです。

岡本商店のらーめんメニュー

岡本商店のらーめんメニュー

ラーメンは4種。つけ麺は2種で、200g800円~となっていました。

  • 鶏煮込みらぁめん…800円
  • 鶏生醤油らぁめん…800円
  • 鶏魚介らぁめん…800円
  • 四川麻婆らぁめん…800円
  • つけ麺(鶏or鶏魚介)…800円/850円/900円/950円

※2021年6月入店時の内容です。

岡本商店のサービス

岡本商店のお得なサービス。数量限定での無料トッピングサービスやタイムサービス。学生限定サービスなどけっこうお得になっていますね。※2021年6月時点の情報です。

鶏煮込みらーめんを食べる

鶏煮込みらーめん

代表的メニューの鶏煮込みらーめん(800円税込)を注文。麺は、細か中太か聞かれ中太に。いわゆる鶏白湯系のらーめんになるのかな。
早期入店サービスの刻みチャーシューなども入っていますが、煮玉子1玉にチャーシューとデフォルトでのトッピングサービスが豪華ですね。

豚玉子丼

11時半までサービスの豚玉子丼。
11時半までの入店で(無くなってなければ)無料でミニ丼か唐揚げのサービスが付く用でした。ミニ丼は、カルビ丼、チャーシュー丼と玉子豚丼などがあり。豚丼を選びました。注文時に「バターが付きますが大丈夫ですか?」と確認されます。食べてみるとたしかにバターと玉子の共演でバターリッシュ感はかなり強いですね。まあ好みでしょうか。

らーめんのスープ

まずはスープを啜ります。博多地鶏「京赤鶏」を強火で炊き上げたという鶏ガラスープ。ほんのり甘めかな~と思うと後からいい感じにコクが入ってきてまろやかなスープ。濃厚鶏白湯という感じではなかったですが、味は美味しかったです。

チャーシュー

デフォルトでのトッピングサービスが凄いですね。チャーシューは、厚みのある炙りチャーシューとレアーチャーシューの2種類が入っています。

らーめんを食べる

麺をいただきます(^¬^)
食べだすといろいろな具材の味が混じってしまい味の濃淡が薄れますが、悪くはなかったです。コスパ問題なし、朝一からお腹いっぱいで天満橋を後にしたのでありました。

ごちそうさまでした。

【らーめんつけ麺岡本商店 店舗情報】
業態らーめん店・つけ麺店
所在地〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2丁目1-22 フェアステージ大手前 B1F
営業時間11:00~23:00 ※コロナ対策での営業時間の変更の場合有り。
定休日
駐車スペース無し
TEL06-6947-2622
席数18席(テーブル&カウンター席)
最寄駅京阪天満橋駅/大阪メトロ谷町線 天満橋駅
備考※禁煙
公式HP
Google口コミ評価4.0(2021.6 211件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【らーめんつけ麺岡本商店 地図】

 この記事の閲覧数:439 ビュー

コメント