【大阪中津】らーめん弥七

らーめん弥七(やしち)

中津のらーめん店 弥七

大阪梅田の北側、中津(なかつ)の有名らーめん店の「弥七(やしち)」さんへ行ってみました。数年前この界隈をよく通った時に訪問しようと思っていたのですが、毎回長い行列を見て回避していました。2016年の締めにようやく訪問です。

らーめん弥七(やしち)への行き方

らーめん弥七は、御堂筋線中津駅から東側、たこ公園の近くにあります。すぐ近くには、人気ラーメン店の「麦と麺助」もできています。

らーめん弥七の入店方法

弥七さんは、整理券制に変わっています。整理券をもらって時間になったら入店ですね。この方がただ並んでいるよりも中津をぶらぶらできて便利ですね(タコ公園くらいしか無いけど…)。この日は11時半に到着で13時頃入店の整理券をもらいました。約1時間半待ちということですね。
整理券不要の場合は、店前にその旨の看板が出ています。

店内の壁や天井には著名人のサインがずらっと。
なお、入店後もタイミングによっては店内での待ちになります。カウンターで食べている方々の真後ろで待つ感じになりますが、これは致し方ない事情があるのだろうと推察します。外で待つよりは暖かいですしね。カウンターで食べていると背後が気になる人は気になるかもしれません(自分は少し気になります)。実際後ろの人はほぼスマフォしか見てないと思いますけどね。
配席については、有名店だからと席を詰め込んだりせず席間に余裕を持たせているのは好印象です。

らーめん弥七のメニュー

らーめん弥七のメニュー

入店してすぐ左手に券売機があります。メニューは、醤油と塩の2種で、つけ麺もあります。

弥七のメニュー(2023年8月時点)

  • 醤油らーめん…900円
  • 醤油ちゃーしゅー麺…1200円
  • 塩らーめん…950円
  • 塩ちゃーしゅー麺…1,250円
  • つけ麺…1,050円
  • へた飯…1,350円

※すべて税込表示です。

醤油ちゃーしゅー麺を食べる

醤油ちゃーしゅー麺

醤油ちゃーしゅー麺(990円)を注文。

スープ

醤油ちゃーしゅー麺のスープ。
醤油は特徴が強く出ているわけではなく、あくまで醤油はベースにある感じです。まろやかさが前面に出ていてクリーミー感もあり、かなり美味しいスープです。飲んでいて醤油白湯?とか思いました。実際は醤油×魚介系×鶏白湯のスープみたいです。

チャーシュー

チャーシューは普通のと、へたのチャーシューが入っています。
ラーメンではヘタの良さは感じられなかったのですが、ヘタめしの評判はいいようなので、次は頼んでみようかな。

麺は中太。コシがありプリッともしていてソツがない感じの麺です。スープとは合っていておいしかったです。

塩らーめんを食べる

弥七に再来店

8年ぶりぐらいに弥七に行ってみました。整理券制で、30分ぐらい待ちです。

弥七の塩らーめん

今回は、塩らーめん(950円)を注文してみました。

らーめんのスープ

濃厚な白湯的な塩スープ。紫蘇(しそ)の香りが漂っています。

らーめん弥七の塩ラーメンを食べる

らーめんをいただきます。よくある清湯のあっさり系の塩らーめんとは一線を画す、こってり系の塩らーめん。濃厚なコクの塩スープに紫蘇の風味がいいアクセントになってめっちゃ美味しかったです。さすが弥七やな~😋。

弥七さんは長期の行列店ですが、完成度の高いラーメンを提供してやはりそれだけのことはあるなぁ、と感じました。たぶん醤油の方が自分には合っているんでしょうけど、塩の方も食べてみたくなりましたね。

ごちそうさまでした。

【らーめん弥七 店舗情報】
業態らーめん店・ラーメン屋さん
所在地〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3丁目4−8
営業時間11:00~16:00
※土日祝 定休日
駐車スペース無し
TEL06-6373-0035
席数12席
最寄駅大阪メトロ(地下鉄)御堂筋線 中津駅
備考完全禁煙
Google評価4.3(2021.10 687件)/4.3(2023.8 853件)

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【らーめん弥七の地図】

 この記事の閲覧数:7,529 ビュー

コメント