【西中島南方】猫カフェ 猫の箱(その1)

西中島南方の猫の箱

西中島南方にある猫カフェ、「猫の箱」に。西中島南方駅の西側のエリア、徒歩4分ほどかな。ビルの1階のすぼんだ位置に入口があり、中の様子がわかりにくいので、外観上はちょっと入りにくい気もしますがどうでしょ!?

西中島南方の猫の箱

建物に入ると受付があって奧がカフェになっています。
外見からは中がわからず入りにくいと思いましたが、実際入ってみると結構明るく綺麗目な店内です。カウンター席もあり。

猫ブース

カフェエリアからは、ガラス越しに猫ブースの様子を見ることができますよ。

猫の箱のお水

お水のコップはこんな感じ。

8M4A9764

猫の箱のケーキセット。ケーキ単品は400円、ドリンクとのセットが700円、どちらも税込です。

8M4A9763
ケーキの種類(※2016年8月訪問時・参考程度に)
イチゴとブルーベリーのケーキ/ベイクドチーズケーキ/ショコラズコット/モカバナーヌ/抹茶のチーズケーキ/胡麻と豆乳のモンブラン/リンゴのシブースト
8M4A9777

ケーキセットを紹介しておきながら、ランチで寄ったのでフードメニューを。こちらはパスタ。

8M4A9778

チーズピザトーストだったかな。ランチメニューの写メ撮り忘れたので、名前など忘れています(^^;
可愛い旗が付いてます。持ち帰りは不可だったような。

8M4A9782

ということでピザトーストをパクッ!

アイス珈琲

ドリンクはアイスコーヒーを。

猫カフェなので清潔感とかどうなの?って気になる方もいると思いますが(私も気になっていました)、猫のブースと完全に仕切られているのでカフェエリアは普通のカフェと変わりません。その辺の普通の喫茶店より清潔感は感じました。

で、ガラス越しに猫エリアを見ながら食事やカフェ利用ができます。
そして、食べ終わったら、いよいろ猫エリアへの入場(別料金)することに。もちろん、ガラス越しに猫の様子を見るだけで帰ることも可能です。

猫ブースへの入場にはいろいろ注意点があるので、事前に説明してくれます。動物とのふれあいに常識がある人なら問題ありませんが、一応ちゃんと確認しておきましょう。

160806-009

まず、一般的な入場の制限・注意事項・
原則中学生以上、ワンドリンクオーダー制(カフェ利用で頼んでいればOK)、子供によるだっこや猫への嫌がる行為の禁止と、猫カフェの運営を考えれば当たり前のことだと思います。

以前にふれあい動物園で男児がひよこを高い位置から落としたり、うさぎを追い回しているの見てブルーになったので、自分が猫カフェするなら小学生以下男子は原則入場不可にしますね。

猫ブースの注意事項

こちらは、猫ブース内での注意事項。猫好きなら猫の嫌がることは言わなくてもしないでしょうけど。
猫ブースとカフェとの間に風除室じゃないけど中間小部屋がありますので、そこで手をアルコールで消毒してから入場します。手荷物は、ブース内にロッカーがあります。

ということで、次のページでいよいよ猫ブースに!

【猫カフェ 猫の箱 店舗情報】
業態猫カフェ
所在地大阪府大阪市淀川区西中島4-6-4 トムボーイビル1F
営業時間12:00~21:00
定休日:火曜日・第2・4水曜日
駐車スペース無し
TEL***
席数18席前後(カウンター席あり)
最寄駅西中島南方(地下鉄御堂筋線)/南方(阪急京都線)
備考
公式HPhttps://nekonohako.jimdo.com
※2017年4月リンク先変更

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【 猫カフェ猫の箱の地図 】

 この記事の閲覧数:2,295 ビュー

コメント

  1. […] 注意点などは、[猫の箱その1 の記事]に記載しています。 […]