【阪急三番街】グリル ロン(GRILL RON)

グリル ロン 阪急三番街店

阪急三番街のグリル ロンさんに。阪急三番街地下2階グルメ街にあって1、2を争う行列店の一つです。
通し営業なので空いてる時間と思われる平日15時過ぎ訪問。さすがこの時間は並んでいないかと思いきや、3名ほど並んでいました。で店前の椅子に座ると、すぐ後ろに一人客の人が二人並びました。まあ、行列が行列を呼ぶというのはありますが、すごいです。
ちなみに、私が食べている頃に窓の外を見ると入店待ちが7~8人に増えていましたけどね・・・(^^;。

なお、並んでいる時にメニューを渡されて注文も聞かれますので、その分注文した料理が出てくる時間は短いと思います。

店内

グリルロンの店内は、かなりコンパクトで4人がけテーブル×3と二人がけテーブル×3。そしてレジの後ろ側にカウンター席が2席ぐらいですね。

私を含め一人客はカウンター、2人がけ、4人がけと空いた席順に通されていました。繁忙時間はわかりませんが。

ロンのメニュー1

ロンの人気の洋食セットメニュー、ライス・味噌汁付きです。

  • A(ハンバーグ+エビフライ+コロッケ)…950円
  • B(ハンバーグ+ヘレカツ+サカナフライ)…950円
  • C(ハンバーグ+エビフライ+カニクリームコロッケ)…1050円
ロンのメニュー2

この他にも、ロンステーキセット(1550円)、ハンバーグ&エブラフライセット(1300円)、オムライス(750円~)などのメニューもありました。
※記載は2017年8月時点の情報です。

ロンのBセット

ということで、Bセット(950円)を注文。さらに合挽ハンバーグを1個追加(+200円)。

ご飯

ライスは大盛り無料だったので大盛りにしました。が、頼んでおいてあれですが、量がかなり多かったかも(^^;

ロンのBセット

Bセットは、左から魚のフライ、ヘレカツ、合挽ハンバーグという布陣です。
付け合せは、キャベツサラダとレモンとマカロ二でした。

魚のフライ

よくある白身魚のフライと思いきや、衣はサクッ!で白身魚は身が厚くプリッ♪としていて旨い!

ヘレカツ

ヘレカツは、衣サクッの身はギッシリ噛みごたえがあって旨い♪

ハンバーグ

合挽ハンバーグは、思ったよりは小ぶりでした。
肉汁ぷしゃー!系ではありませんが、挽肉の存在感が感じられ、ソースも老舗洋食屋を想わせる深みがあってなかなか美味しかったです(*´▽`*)。

ハンバーグ

お腹が減っている時にこの写真を見ると・・ヤバイかもヾ(*゚▽゚*)/

めちゃくちゃ美味しいお店とまでは言いませんが、なんと言うか、退店後にすごい満足感を感じられたお店でした。料理の味とコスパが高いのは言うに及びません。

お店からのお願い

窓の縁のところに置いてあった【グリルRONからのお願い】

誠に恐れ入りますが、お待ちのお客様がいらっしゃる場合は、お食事済みのお客様にお席をお譲り頂けますよお願い申し上げることがございます。甚だ勝手なお願いでございますが御了承頂けますようお願い申し上げます。

たしかに他のお客さんが外でずっと待っている状況を考えると、食後に水だけでまったり、ってのもちょっと考えものですね。席数も少ないですし。
マナーとまでは言いませんが、人気店でお客さんが外で待っている状態なら、空気を読んで食事が済んだら退転するのがスマート(色んな意味で賢い人)だとは思います。ただの私の主観ですけどね。
食後にのんびりしたいなら、のんびり出来るカフェやそういうお店は梅田にはいくらでもあるわけです。

アンケート用紙

店内が見渡せる奥の席に座っていたのもありますが、ホールスタッフの男性の動きがずっと目に入っていました。学生風な男性かな。店内がコンパクトで目が行き届くというのもありますが、水の継ぎ足しや、空いたお皿の片付けなど、こまめに動いていました。
見ていてなかなか気持ちよい接客なので、アンケートに接客の人(・∀・)イイ!って書こうと思ったらペンが無いやん(^^;。精算の時、ちょうどこの男性と目上の人(責任者?)がいたので、目上の方に「この人の接客うまいですね!」と声を掛けときました。
良い接客がもっと世界中に広がっていけばいいのにね!(*´∀`)ノ(←大袈裟)

ごちそうさまでした!!

【グリル ロン 阪急三番街店 店舗情報】
業態 洋食店
所在地 大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 南館B2F
営業時間 11:00~22:00
駐車スペース 無し
TEL 06-6372-8858
席数 20席(カウンター席あり)
最寄駅 阪急 梅田駅/地下鉄 梅田駅
備考 完全禁煙

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【グリル ロン 阪急三番街店 地図】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter