[西中島南方] 時屋で豚つけスペシャルを食す。

西中島南方の時屋

西中島南方の有名なつけ麺行列店の時屋(ときや)。
つけ麺専門のお店です。地元のためこの店の前を軽く1000回以上と通っていますが行列はしょっちゅうですね。たまに並んでない時もありますが、たまたまかな。

豚つけ麺は何度か食べているので前から食べてみたかった特製つけ麺の豚SPECIALを注文しました。

時屋の特製つけ麺

通常の豚つけ麺とSPECIALはどう違うのかというと、ほぼトッピングが豪華になるというだけなのですが、どうせなら豪華なのを食べたいですよね。あと、麺の量300gを無料で選べます(2016年2月時点)。

時屋の特製つけ麺

中央にデーンと鎮座する存在感抜群のチャーシューにカイワレ、味玉2個、海苔4枚というトッピングです。
麺の量は、200g(並)か300g(大盛)かを選べます。写真は300g。

スープ

豚つけ麺スープ。

つけ麺スープ

通常の豚つけ麺スープと同じですが、角切りの豚や野菜がややごろごろ目に入っています。

時屋の特製つけ麺チャーシュー

このチャーシューの存在感。

時屋の特製つけ麺

例の如く、濃厚なつけ麺です。数年前に感じた濃厚故にかスープの臭み(臭いだったかな?)は、全く感じませんでした。
300gは、味が濃いいのもあってややきついですが、美味しさの勢いでまぁなんとかなりました。

8M4A4005

〆は目玉のおやじで。

時屋の賞状

飾ってあった賞状。食べログが多いですね。一番奥は、『お取り寄せらーめんオブザイヤー2015』(こんなのあったのか)の「つけ麺新人賞」です。

ごちそうさまでした。

4 Responses to [西中島南方] 時屋で豚つけスペシャルを食す。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。