[下新庄] ラーメン荘 歴史を刻め

※2016年5月再訪&情報改訂

歴史を刻め

下新庄にある、らーめん荘 【歴史を刻め】に。

阪急下新庄駅のすぐ南東にあります。おそらく電車の中からも駅に着く寸前に見えるんじゃないでしょうか(南側の人専用踏切)。

ローカル話ですが、この店舗の場所は阪急千里線以西の東淀川区住民が上新庄方面に抜けるもろ地元道で、私も新大阪から上新庄方面に行く際に並びの列を見てこの店舗を知りました。
下新庄駅から近いので、大半のお客さんは駅からきてる人だと思います。

何度か前を通りましたが、毎回列に10人以上並んでいる感じでしたので、回避。久々に通ったら人が少な目だったので並んで食べることに。

券売機

店の外にある券売機(2016年5月撮影)。

まずは、店舗の外側にある券売機で食券を購入して、道路対岸(高架下)に並びます。人気店&席少ない&らーめんの量が多い、なので並びは必須儀式かと思われます。
ちなみに食券は、プラスチックの札です。

洗濯バサミ

券売機の下にある注文指示用の洗濯バサミ。
・洗濯バサミ(透明)=汁なし
・洗濯バサミ(白)=麺少なめ
・洗濯バサミピンク=塩ラーメン(既に2016.5月終了かも?)

※麺の量少なめを希望される方は、券売機のところにある白い洗濯バサミで食券を挟んでおきましょう!(それでも量的には一般のらーめん店の大盛りぐらいですが(汗。)

ラーメン荘歴史を刻めのメニュー

歴史を刻めラーメンメニューは、ラーメン(730円)、豚ラーメン(900円)、豚Wラーメン(1000円)の3種でした(2015年6月時点)。2016年4月より料金の改訂があり、下記の料金になっています。

  • ラーメン…750円
  • 豚らーめん…950円
  • 豚Wらーめん…1100円
歴史を刻め

歴史を刻めローカルルールな感じですが、基本すべてセルフサービスです。
まずは、入店して左手の棚からおしぼりとお冷と箸を持って席に。
先に入った常連っぽい隣の人を真似しつつ、写真な感じで待機します。
※退店の際には、自分のおしぼりを持って出口付近にあるかごに入れて出ます。

歴史を刻め

席に着いたら、食券の代りの札をカウンター上に置きます。
(写真の白い洗濯バサミが麺少なめ希望の意味です。)
しばらくしたら、店員さんがにんにく有り無しを聞いてくれます。
この際に野菜マシやアブラマシのコールができるようですね。

歴史を刻め

テーブルには、アブラマシマシの食べ方説明4コママンガが。

歴史を刻め

豚ラーメン(900円)。にんにく無しのアブラマシマシで注文。
ヤサイ増しを言わなかったからか、上の盛り上がりはないですが、それでもなかなかの迫力です。

歴史を刻め

右にアバラマシのライドーン!用アブラ。

歴史を刻め

チャーシューを乱切りしたような豚チャーシュー。
器内にどかどかと居座っている感じ。量もかなりありました(^^;。
Wブタ注文したら、どうなっていたのか!?

歴史を刻め

麺は固め。で歯ごたえが強いです。
スープと合わせて癖になる感じもあるかもしれません。

総合的に「また行ってみたい」と思うお店ですね。

2016年5月再訪

1年ぶりぐらいに再訪。平日14時過ぎという中途半端な時間ですが、6人ほど並んでいました。閉店前の最後の組で入店。

注文指示

豚らーめん(950円)を麺少なめで注文。4月に料金の変更があったようで、前回の記載料金は修正しました。
テレビ番組で『関西らーめんカルトQ』みたないクイズ番組があったら、写真の店名と注文を答えよ!という問題とか出てきそう。

歴史を刻め 豚らーめん

前回は野菜マシを言わなかった気がしたの、今回はしっかりコール(笑)。野菜増しのニンニクあり。でこんもりしたラーメンが登場です。

歴史を刻め 豚らーめん

麺にたどり着くまでに、もやし&豚肉の壁が立ちはだかります。
もやしには味が無いので、豚と一緒に食べるといいかもですね。
麺を箸で掴める頃にはお腹は8割膨れているという罠。どっさり食べたい方には申し分ないでしょうね。

ちなみに、隣の方が塩らーめん食べられていましたが、店主の方は塩ラーメン一旦止めるので、これが最後の一杯です!とおっしゃっていました。隣の人はなんと幸運な!!!

ごちそうさまでした。

【ラーメン荘 歴史を刻め 下新庄本店 店舗情報】
お店の種類 ラーメン店
所在地 大阪府大阪市東淀川区下新庄5-1-59
営業時間 11:00~15:00・18:00~24:00
駐車スペース
TEL ***
席数 8席前後(カウンター)
最寄駅 下新庄(阪急千里線)
備考 ※禁煙

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。

【ラーメン荘 歴史を刻め 地図 】

One Response to [下新庄] ラーメン荘 歴史を刻め

  1. ・2016年5月再訪記事追加&掲載情報を更新しました。(by管理人)

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

  • こがし醤油ラーメン

    【新大阪】麺屋 青空 新大阪店

    新大阪駅の南西に2016年12月にオープンした「麺屋 青空(めんや あおぞら)」さんへ。武者麺 新大阪店があった場所ですね。地下鉄御

  • らーめん白

    【天神橋筋6丁目】名もなきらーめん

    天神橋筋6丁目エリアにある「名もなきらーめん」に。2018年2月3日にオープンした人類麺類グールプ(UNCHI)の系列店になります。

  • 味噌らーめん RED

    【西中島南方】世界が麺と味噌で満ちる時

    西中島南方に2018年3月にオープンした「世界が麺と味噌で満ちる時」さんへ。名前のとおり阪急淡路の「世界が麺で満ちる時」の姉妹店です

  • つけめん

    【阪急三番街】つけめんTETSU

    阪急三番街の地下2Fレストラン街にある「つけめんTETSU(てつ)」に。店名の通りつけ麺がメインのお店です。 つけめんTETSUは

  • ラーメン 鶏こく

    【西中島南方】華Sansyou 学

    西中島南方の「華Sansyou 学(がく)」さんに。西中島南方駅の北口を出て、東側高架沿いを北に歩き、パチンコ屋の手前を右に曲がった

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter