【東淀川区】This is 中川 これはなかがわです。

This is 中川

東淀川区の淡路駅から北東に進んだ住宅街にひっそりとあるラーメン店、「This is 中川 これはなかがわです。」さんに。「これはなかがわです。」まで含めて全部で店名です。
店の横が何か工事中でしたが、看板はその工事にかけてユニークになっています。

なお、駐車場調べまわってはいませんが、淡路駅からの線路沿いに来る途中にリパークなどコインパーキングが2つありました。

This is 中川への道案内

淡路駅から向かうと、高架を潜った先のコンビニの角を北側に曲がった先にあります。

This is 中川

細長い通路を奥に進んで入店。満席の場合は、椅子に座って待ち、「2名様どうぞ!」といった感じで音声案内されるようです。

店内はカウンターのみです。スタッフはもちろん中川店主そのひと。なぜなら、ここは「This is 中川 これはなかがわです。」なのだから。

メニュー

入店すると前に券売機があります。
メニューはシンプル。

  • 特製チャーシュー麺(数限定)…1100円
  • クリアー中川…800円
  • ホワイト中川…850円
  • +特製チャーシュー…300円
  • +チキングリル…250円
  • ロースとビーフ丼…550円
  • 売り切れのは不明…?
特製チャーシュー

暗めの厨房にライティングされていて存在感を放つ特製チャーシュー。3日かけてじっくりと作り上げられる逸品だそうです。

特製チャーシュー麺

限定10食の特製チャーシュー麺(1100円)。
メニュー種別的には、クリア中川に特製チャーシューを入れたらーめんですね。見たまんまですが、チャーシューがまあデカイんですわ!

This is 中川のスープ

スープには泡が浮いていますが、これは中川さんの最上機密だそうです。
スープの系統は鶏塩の清澄(湯)だと思います。白(ホワイト)にすると鶏白湯になるのかな!?。
私は塩らーめんと舌との相性が良くないようで、これまで塩の有名らーめん店のスープを飲んでも「???」だったのですが、ここは違いました。塩の主張が強くなく仄か、塩の尖がりが無くまろやかなスープです。

特製チャーシュー

Thisis中川 特製のチャーシュー。
皮付の豚バラでレザー・クリスピー・チャーシューと言うそうです。食べてみたら、大きいだけじゃなくてめっちゃ旨いんですわ、いや旨いじゃなくって、んんんーまいっ!んですわ。
一番美味しくなる状態で提供しているらしいのですが、見事に嵌っていますね。
さらにカリッカリッになった皮のかけらが2,3個入ってますがこれも美味しいです。

特製チャーシュー麺

このカラフルなつぶつぶはアラレさんです。んちゃ!

特製チャーシュー麺

麺は太麺の平打ち。個性的な麺ですがスープとも合ってるし噛みごたえもいい感じです。

澄湯系の塩スープは初めてではないんですが、塩系らーめんではじめて美味しいと思えるスープと出会えました。麺も含めすべてクオリティーが高いのですが、やはりどでかいトンテキことレザー・クリスピー・チャーシューの感動が凄かったですね。
中川店主は、淡路にあるらーめん店「縁乃助商店」の店主でもあるのですが、そちらも行ってみたくなりました。

ごちそうさまでした。

【This is 中川 これはなかがわです。店舗情報】
業態 らーめん店
所在地 大阪府大阪市東淀川区菅原6-24-12
営業時間 11:00~15:00
駐車スペース 無し
TEL ***
席数 8席(カウンターのみ)
最寄駅 阪急 淡路駅
備考

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【This is 中川 これはなかがわです。の地図 】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter