【大阪 肥後橋】神虎 肥後橋店

神虎 肥後橋店

神虎 肥後橋店

大阪の肥後橋にあるラーメン店、「神虎」に行ってみました。正式な店名は「麺’s room 神虎 肥後橋店」になるのかな。

運営は、大阪らーめん界に「座銀」や「フラン軒」「〇de▽」など独自性のあるらーめんブランドを展開している銀の葡萄グループ。
なお、大阪梅田にある「神虎 大阪駅前ビル店」では、以前つけ麺を食べています。

神虎 肥後橋店の場所

神虎 肥後橋店は、四ツ橋筋と土佐掘通りが交差する【肥後橋】交差点から土佐堀通りを西に入ってすぐに有ります。目立つ徐園の中華門の横ですね。

神虎 肥後橋店の店内

店内は、小さめなテーブル席3つとカウンター席でわりとコンパクトです。卓上には、味変用にか高菜たからしニラ、紅しょうなどが備え付けられています。平日13時過ぎ、店内はサラリーマン客などで賑わっており、スタッフさんの接客の声も軽快に響いています。
この時点では味はわからないわけですが、雰囲気的に「失敗はないな!」という妙な安心感を感じますね。

神虎のらーめんメニュー

神虎のメニュー

らーめんメニューは、豚骨系の「神虎らーめん」「黒虎らーめん」「赤虎らーめん」3種があります。そして「つけ麺」「まぜそば」、毎月15日・30日限定の豚
120%つけ麺がありますね。

神虎らーめんを食べる

神虎らーめん

オーソドックスに神虎らーめん(790円)を注文してみました。らーめんインフレが続くこのご時世、ぎり790円台を維持してくれています。
注文時に、麺の硬さと背油の量を聞かれ、麺硬め背油普通で注文しました。なお、LINE登録で味玉(通常は100円)をサービスしてもらっています。

味玉

味玉はこんな感じ。「世界中のらーめんに味玉が標準で付いたらいいのに!」と思う今日この頃。いや、玉子苦手な人もいるでしょうけど。

神虎らーめんのスープ

神虎のスープは、豚骨スープに関西出汁を融合したものですね。ベースに和風だしがしっかり効いている感じです。

神虎らーめんを食べてみた

麺をいただきます(^¬^)
麺は、「かため」を選びましたが、細麺で芯を感じる噛み心地は博多豚骨らーめんですね、臭みもあまりなく食べやすいのでライトなオリジナル豚骨という感じのジャンルになるのかな。美味しくいただきました😋。

接客の女性はハキハキしていていい接客をしていました。接客教育をちゃんとできるらーめん店って素敵やん。機会があればまたリピしてみます。

ごちそうさまでした。

【神虎 肥後橋店 店舗情報】
業態 らーめん店
所在地 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目14-12
営業時間 11:00~15:00/18:00~23:00 ※コロナ対策での営業時間の変更の場合有り。
定休日 無し・不定休
駐車場 無し
TEL 06-7653-5705
席数 (テーブル&カウンター席)
最寄駅 大阪メトロ四つ橋線 肥後橋駅
備考 ※禁煙
公式HP
Google評価 4.0(2022.7 552件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【神虎 肥後橋店 地図】

 この記事の閲覧数:1,718 ビュー

コメント