【大阪難波】き田たけうどんで、プヨプヨうどん!

なんば・日本橋のき田たけうどん

なんば・日本橋のき田たけうどん

大阪難波にあるうどん店、「き田たけうどん(きだたけうどん)」に行ってみました。テレビなど取り上げられたことのある有名うどん店で、店前によく人が並んでいますね。

店名は、うどんを作られている方のお名前「木田さん」から来ているようです。

なんば・日本橋の「き田たけうどん」への行き方

「き田たけうどん」の場所は、なんばパークス側から日本橋電気街・ヲタロードに向かう路地にあります。昼のみ営業になっていますが、13時台にはうどんが無くなって営業終了となることが多いので、早めに行く方が吉かもしれません。
なお、店内はわりと広めで、テーブル席の他、カウンター席が入口のウインドウ前と奥にあります。

き田たけうどんのメニュー

き田たけうどんのメニュー

大阪つけ麺(うどん)メニューはこんな感じです。ちくわや海老天、鶏天などが付くレパートリーがあります。

き田たけうどんのメニュー

オリジナルうどんと冷たいうどん(ぶっかけうどん)のメニューは、こんな感じになっていました。このほか、温かいおうどんやご飯ものサイドメニューもありました。

き田たけうどんのうどんを食べる

ぶっかけまぜそば 伝説のキムラ君

鶏天の大阪つけ麺と迷いましたが、面白いネーミングの「伝説のキムラ君(950円)」を注文してみました。自家製ラー油を使用したまぜ麺(まぜうどん)ですね。

ぶっかけうどん・まぜそばの伝説のキムラくん

伝説のキムラくん、トッピングはお肉(豚)やキムチになっています。隙間から見えるうどんは艶々してますね。

き田たけうどんのうどんを食べる

麺をいただきます😋
まずは、混ぜずにうどんに出汁をかけて生醤油風にいただきます。うどんは、通常のうどんより一回りほど小さいのですが、食感がめっちゃぷよぷよして伸びる仕上がりになっています(尼崎の穂乃果と似ている)。食べてみて、「おお~」っとなりました。

き田たけうどんのまぜそばを食べる

そして、まぜまぜしてまぜそばうどんとしていただきます。見た目赤いですが、それほど辛くはありません。ゴマの香りが香ばしく、するすると一気にいけます。
旨いかどうか聞かれたとして正直な感想としては、うまかった!ですね。

き田たけうどんの接客について

席に着いてから水が出てこなかったのはたぶんセルフとして置いておくとして、
順番待ちで待ってる間に、ホールのスタッフさんの私以外のお客さんへの接客態度について「えっ!?」って思うことが2点ありました。その時は再訪は絶対無いなと思いました。
その後、うどんを食べている間に聞こえてくる声出しや接客態度などは普通に違和感ないものになっていました。

場所がら外国の観光客のお客さんが多いために、日本語をわからない外国の方への接客の仕方が多少違ったりするのかも?(「えっ!?」って思った接客は外国のお客さんでした)と勝手に思ったりしました。
いずれにしろ、一つ言えることは、奥の厨房でうどんを茹でている女性の方(女将さん?)は、丁寧できちんとされた方でした。結局、店を出た時は再訪あるかな、と思いました。

ごちそうさまでした。

【き田たけうどん 店舗情報】
業態うどん店/うどん屋さん
所在地〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目4-17
営業時間11:00~15:00
定休日月曜日
駐車場無し
TEL06-7509-4392
席数20席ぐらい(テーブル&カウンター席)
最寄駅南海なんば駅/大阪メトロ御堂筋線 難波駅・堺筋線 日本橋駅/近鉄 なんば駅
備考※禁煙
公式HPhttp://kamatakeudon.kt.fc2.com/
Google評価4.1(2023.9 716件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【き田たけうどん 地図】

 この記事の閲覧数:1,529 ビュー

コメント