【阪急三番街】はまぐり庵-吉祥別邸-

はまぐり庵-吉祥別邸-

阪急三番街の地下レストラン街にある「はまぐり庵-吉祥別邸-」に。店名の通り蛤(ハマグリ)料理が中心のお店です。「吉祥」は「おめでたい兆し」といった意味を込めているそうです。「はまぐり庵」は、梅田では阪急32番街にもありますね。

荻野丹雪

入口のところに飾ってある墨象家 荻野丹雪(おぎのたんせつ)先生の「その手は喰わなの焼きはまぐり」。
はまぐり庵では、桑名産の蛤を使用しているので、その「桑名」と「喰わな」がかかっているわけですね。※後で調べたら「その手は桑名の焼きはまぐり」ってことわざがあるんですね。「その手は食わぬ」と同意だそうです。
ちなみにハマグリは種類が、3年もの、5年もの、7年もの、10年ものとあって、年数が多いほどサイズが大きくなっていきます。

はまぐり庵-吉祥別邸-店内

入ってすぐは、広い食堂のようなエリアになっています。照明はやや暗め。奥には個室のような席もありそうでした。

ランチメニュー

はまぐり庵のランチ専用のメニュー(2017年12月)。はまぐりラーメン定食(950円税込)と貝汁定食(950円税込)。
もちろんこの他にも、「吉祥膳(1680円+税)」「貝尽くし膳(1980円+税)」「ランチコース(松・竹・梅)」などのメニューもありましたよ。

貝汁定食

体調的に粗食にしたかったのと、なんか美味しそうに思えたので貝汁定食(税込950円)を注文。

貝汁定食

おにぎりとおかずたちのお皿。
おにぎりってただご飯に塩をかけて固めただけなのになぜ美味しいんでしょうね。お茶碗の白飯に塩をかけても何か違いますし。

出汁巻きたまご

出汁巻きたまご。だし巻き玉子は味が少し変わっていましたが、たぶん蛤の出汁巻きなんでしょうね。美味しかったです。

蛤

メインとも言うべき貝汁。大きさがばらばらの蛤が5~6個入っていました。シンプルなお汁ですが、貝の出汁が好きな人にはたまりません。

接客も丁寧な感じでした。今度はこの店の名物のひとつ「はましゃぶ」こと蛤のしゃぶしゃぶも食べてみたいですね。はましゃぶは2人前から注文可なようなので、一人入店ではダメですが(^^;。

ごちそうさまでした。

【はまぐり庵-吉祥別邸- 店舗情報】
業態 はまぐり料理店
所在地 〒530-0012 大阪府大阪市北区北区芝田1丁目1 芝田1−1−3 阪急三番街南館B2F
営業時間 11:00~23:00
駐車スペース 無し
TEL 06-6373-3456
席数 75席
最寄駅 阪急梅田駅/地下鉄御堂筋線 梅田駅
備考 個室有り
公式サイト http://hamagurian.jp/

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【はまぐり庵-吉祥別邸- 地図】

One Response to 【阪急三番街】はまぐり庵-吉祥別邸-

  1. […] ・「はまぐり庵-吉祥別邸-」|関西食べ歩き紀行     […]

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter