【大阪梅田】坂本竜馬が愛したラーメン食堂

創業麺類元年 坂本龍馬が愛したラーメン食堂

創業麺類元年 坂本龍馬が愛したラーメン食堂

大阪梅田のらーめん店、「創業麺類元年 坂本龍馬が愛したラーメン食堂」に行ってみました。2022年12月にリンクス梅田の1F、北東角(芝田交差点側)にオープンしています。

こちらは、大阪人気No.1のらーめん店「人類みな麺類」グループ((株)UNCHI)と「おともや」のコラボしたらーめん店です。「坂本龍馬」と付いていますが、四万十ポークや高知地鶏の土佐ジロー、塩丸の天日塩など土佐(高知)の食材を使用したらーめんがテーマとなっています。

なお、待ち行列は、店前の待ち椅子以降は、外側の店のガラス沿いに並ぶようになっています。

坂本龍馬が愛したラーメン食堂の店内

店内は奇麗な白木のレイアウト。カウンター席中心になっています。店内には、高知の工芸品や民芸品が飾ってあります。

坂本竜馬が愛したラーメン食堂のメニュー

ラーメンメニュー

ラーメンメニューは、YOSAKOI醤油らー麺の1系統にトッピングバリエーションがあります。他特筆すべき点としては、高知県の「神饌米ふさなり」を使ったこだわりの丼「IINARI丼」が6種類あります。

YOSAKOI醤油らー麺を食べる

YOSAKOI醤油らー麺

YOSAKOI醤油(890円税込)を注文。トッピングに、特選こだわり煮卵(+100円税込)を注文してみました。

特選こだわり煮卵

特選こだわり煮卵はこんな感じ。細かいけど税込で100円という値段設定に好感を持ってしまう・・・。

チャーシュー

チャーシューはレアチャーシューがデフォルトでは2枚とスープ内に豚肉の細切れが入っています。

スープ

スープは、高知地鶏と天日塩に醤油の深みを追及したもの。最初甘味を感じましたが、その後は円やかな旨味を味わえました。ゆずの皮とカイエンペッパーを使用した香味油もいい仕事をしています。

ラーメンを食べてみた

麺をいただきます(^¬^)
麺は中太よりやや太目。プリプリしていて好みの食感です。スープとのからみもよくズルズルと最後までいけてしまいますね。人類みな麺類の貝系じゃないラーメンとしては、けっこう好みの味で美味しかったです。

人類みな麺類グループは、ここLINKS梅田と、ルクア大阪「人類みな麺類 プレミアム」、グランフロント大阪「じんめん」「担担麺の掟を破る者」、東梅田「ラーメン大戦争」と梅田にらーめん店を5店舗を進出させたことになりましたね。2023年の梅田らーめん戦争も熾烈な戦いが続くのかもしれません。

ごちそうさまでした。

【坂本龍馬が愛したラーメン食堂 店舗情報】
業態 ラーメン店・ラーメン屋
所在地 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1-1 LINKSUMEDA 1F
営業時間 11:00~21:00 ※コロナ対策での営業時間の変更の場合有り。
定休日 無し・不定休
駐車場 無し
TEL 06-6867-9066
席数 40席ぐらい(テーブル&カウンター席)
最寄駅 JR大阪駅/阪急梅田駅/大阪メトロ御堂筋線 梅田駅
備考 ※禁煙
公式HP https://www.ryoma-ga-aishita.com/
Google評価 4.4(2022.12 69件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【坂本龍馬が愛したラーメン食堂 地図】

 この記事の閲覧数:3,723 ビュー

コメント