梅田の阪急三番街でうどん!宮武うどん

阪急三番街フードコートの宮武うどん

梅田の阪急三番街でうどん!宮武うどん

梅田の阪急三番街にある宮武(みやたけ)うどんに行ってみました。地下2階のフードコート「UMEDA FOOD HALL」の中にあるお店です。

この宮武うどんは、香川県高松市にある讃岐うどんの有名店「宮武うどん」との提携店舗とのことです。
いわゆるセルフ式のうどん店になっていて、注文はまずお盆を取って、レーンに沿って進み注文をしていきます。

宮武うどんのメニュー

宮武うどんのメニュー。オーソドックスなメニューとしては、生醤油(並360円)、ぶっかけ(並430円)、釜玉(並430円)あたりになるのかな。一番安いのはかけうどんが並290円でした。ほか、季節限定もののうどんとして、釜揚げしらすおろしうどんをやっていました。

天ぷらなどのサイドメニュー

お会計手前のレーンにはお約束の天ぷらトッピングコーナーが待ち構えています。天ぷらたちが仲間になりたそうにこちらを見ています。あなたは天ぷらたちの誘惑に勝てるだろうか?

セルフコーナー

お会計が終わったら、フードコートなので好きな席に行って食べます。お水もセルフで取って来ないといけません。

ぶっかけうどんを食べる

ぶっかけうどん

ぶっかけうどん(並430円)と茄子天(120円)を買ってきました。

なす天

ナス天好きとしては、この大きさで120円はなかなか魅力です。天つゆをかけ忘れましたが、たぶんレーンの最後の方にあったと思います。

ぶっかけうどん

ぶっかけうどんはこんな感じ。トッピングは自分では一切やっていないデフォルトの状態です。ネギ、かつお節、天かす、のり、おろしが入っていますね。

宮武うどんを食べる

うどんをいただきます(^¬^)

うどん評論家ではありません細かなことはわかりませんが、四角い太麺でコシはそれなりにある感じです。

本場の宮武うどんでは、うどんの温冷だけでなく出汁の温冷も選べる「あつひや」システムがあるそうですが、ここでもできたのかな(かくにんしてませんでした)。

フードコートとは言っても梅田の阪急エリア。値段的には普通の飲食店と同価格帯のお店が多い中、ここは一般的なセルフうどん店料金とほぼ同じになっています。梅田で手軽にうどんを食べる場所ではあるのでまた機会があれば利用してみます。

ごちそうさまでした。

【宮武讃岐うどん 阪急三番街店 店舗情報】
業態うどん
所在地〒530-0012 大阪府 大阪市北区芝田1丁目1-3 阪急三番街北館 B2階 ウメダフードホール
営業時間11:00~22:00 ※コロナ対策での営業時間の変更の場合有り。
定休日無し
駐車スペース無し
TEL06-6371-4545
席数フードコート共用(テーブル&カウンター席)
最寄駅阪急梅田駅/JR大阪駅
備考※禁煙
公式HP
Google評価3.5(2021.4 80件)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【宮武讃岐うどん 阪急三番街店 地図】

 この記事の閲覧数:4,598 ビュー

コメント