【西中島南方】こだわり米 匠

大衆肉酒場こだわり米 匠

西中島南方の焼肉酒場、「大衆肉酒場 こだわり米 匠(たくみ)」さんに。
阪急線路沿い北側にあり、電車内からだと十三から南方に着く前に目に入るお店だと思います。
この匠グループは、西中島に「焼肉食堂 匠」「大衆ビストロ 匠」「こだわり米匠」「豊後牛ホルモン こだわり米 匠」「(卸)食肉センター精肉匠」とグループ店が5店舗もあるんですね。

大衆肉酒場こだわり米 匠

夜入店。平日でコース予約して訪問。何時もかたまたまかわかりませんが結構混んでいました。カウンター席に着席。

コーディネイトコース

コースがおすすめのお店ということで、フルコーディネイトコース(3500円+税)を注文。コースの中では一番リーズナブルな(安い)コースになります。

アルコールドリンク

まずは柚子サワー(390円+税)で同行者と乾杯。

先付

[1品目] 先付け(前菜盛り)。ナムル、わかめ、ブロッコリー、角切りキムチ。

サラダ

[2品目] 日替わりサラダ

大判炙り寿司

[3品目] 極上大判炙り寿司。薄い大判のようなお肉を目の前でバーナーで炙ってくれます。

大判炙り寿司

そしてこれが、極上大判炙り寿司の完成形。まあ、これが美味くないわけがないのですが、まあー旨いんですわー(*´▽`*)。すぐに口の中で溶けて無くなっちゃいます。

寿司(クーポン)

もう一つ食べログクーポンの炙り寿司1貫サービスをゲットしました。
※食べログのクーポンは、当日利用不可・予約時に利用を言っておかないと利用できませんので、この点ご注意ください。

黒毛和牛4種盛り

[4品目] 黒毛和牛4種盛り。
ちゃんと覚えていませんが、タン、ロース、ハネシタ、マルシンなどだったかな(下の3種盛りとごっちゃになってると思いますが・・)。

焼肉

ということで目の前の網で焼いていきます。

黒毛和牛4種盛り

結構すぐ焼けてきますね。ちなみに匠の焼肉の掟では裏返すのは一回のみ。肉の旨みが逃げちゃうからですね。

たん

タレをつけて食べます。これが美味くないわけがないですよね。

こだわり米

[5品目]炊きたて銀シャリ。
ようやく店名にもなっているこだわりのお米の登場です。焼肉店なのにあえて「お米」をメインで言うところが販促の点では巧妙だなぁと思ったり。

こだわり米

ほかほか炊きたてのお米。なんでもお米マイスターの藤井さんが、匠の肉に合うように育ててくれているお米だそうです。

こだわり米

残しておいた、前菜のキムチをここぞとばかりに投入(笑)。
肝心のお米の味ですが、最初もち米に近いかなと思ったのですが、それとも違っていて今まで食べたことがない独特の食感がありました。説明下手なので、実際に食べてみるのが一番ですね。。。

すき焼きカルビ

[6品目]すき焼きカルビ。
銀シャリに合わせて、ここぞとばかりに登場のすき焼きカルビ。この一口の為だけの特製のたまごタレにつけて食べます。美味しい!でも一口で終わってしまう・・残念(´・ω・`)。

タレ焼き3種

[7品目]タレ3種盛り。
焼肉のラストを飾るのがタレ焼肉3種です。

せせり

一品だけ鶏肉となる「せせり」。実は食べる前にちょっと舐めていましたが、このセセリもプリプリしていて明らかに旨い!という。ちゃんと鶏肉にもこだわっていますね。

たまごスープ

[8品目]たまごスープ。

デザート

[9品目]〆のデザートのゆずシャーベット。

「こだわり米 匠」の感想

炊きたてのお米はたしかに美味しいのですが、コースではお米が出てくるのは後半となるので、焼肉と白ご飯を一緒に食べたいという庶民な私にはこの点がジレンマですね。お肉は見た目は脂身が多いようにも思えますが、肉のオレイン酸の値の管理により胃で固まりにくいそうです。良い肉は胃もたれしないというやつなのかな!?
接客はもちろん丁寧です。カウンター席では、スタッフさんは作業しながらも話し相手になってくれるっぽい感じです。
量はそんなにいらないから、肉の一品一品をそこそこリーズナブルでじっくり愉しみたいという方におすすめの焼肉店ですね。

ごちそうさまでした。

【こだわり米 匠 店舗情報】
業態 焼肉店
所在地 大阪府大阪市淀川区西中島4-8-11 大阪屋北1号館1F
営業時間 18:00~27:00
駐車スペース 無し
TEL ***
席数 40席(テーブル席&カウンター席)
最寄駅 地下鉄 西中島南方/阪急南方
備考

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【こだわり米 匠 地図 】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



関連記事

関西食べ歩き紀行INSTAGRAM
関西食べ歩き紀行FACEBOOK
@osaka_tabearukiのtwitter