【十三】十三の人気のパン屋さん、一郎パン

十三の人気のパン屋さん、一郎パン

十三のパン屋 一郎パン

十三にあるパン屋さん、一郎パン(ICHIRO PAN)に。十三駅から北東に徒歩10分ほど、阪急京都線の踏切を北側に渡った先にあります。店前の道路は結構車の交通量が多いので注意。

ちなみに店名の由来は、店主さんのお名前だそうです。

十三の一郎パンの店内

店内の販売スペースは3畳ほど。テーブルにパンが凝縮した感じで並べられています。

食パンの焼き上がり時間

店のウインドウには、食パンやバゲットの焼き上がり時間が書いてありました。ちなみにたまたまかもしれませんが、平日15時に行った時には食パンは売り切れてありませんでした。

一郎パンで買ってきたパン

クロワッサンアーモンド

クロワッサンアーモンド(180円)。見た目はよくあるクロワッサンみたいなカサカサ感が無いですが、食べてみるとクロワッサンです。アーモンドプードル(粉上のアーモンド)を使用した特製アーモンドクリームが使用された生地が使われていて、味的には甘めなパンになっていました。

明太フランス

明太子フランス(160円)。一郎パンで人気の堅皮のハード系パンの一つですね。噛み応えがあって美味しい生地で明太子味を楽しめます。コスパが凄いな😋。姉妹パンにガーリックフランス(150円)もありました。

イチジククリチー

イチジククリチー(180円)。
ラム酒漬けされたイチジクはやや干し葡萄に似た食感でつぶつぶがはいっています。甘酸っぱいイチジクとチーズのコラボパンです。なお生地自体だけでも普通に美味しいです。

明太子チーズ

明太子チーズ(140円)
鉄板の食材である明太子チーズと一郎パンのふっくら生地の夢の共演。いや、そら美味いですわ~😋いやまじで!

タイガーあんパン

タイガーあんパン(150円)。
上新粉でつくったソースをかけて上部のタイガー模様が作られたあんぱん。メインの生地は、粘りのあるモチモチ生地で上部のタイガーのカサカサもいいアクセントになっています。

チーズinボスト-ク

チーズinボストト-ク(150円)。
チーズの味は、上部に香りがほんのりぐらいです。生地を噛みしめながら食べるフレンチトーストに近い味わいです。

練乳キャラメルコッペ

練乳キャラメルコッペ(150円税込)
自家製の練乳クリームとキャラメルクリームが入っているコッペパン。
ミルキーなクリームとシュガー感が噛み応えのある生地と相まっていい感じに甘美味しいです。珈琲に合うし、甘党好きにはいいですよ。

クリームパン

クリームパン(150円税込)。
自家製カスタードがはいったクリームパン。一郎の人気のパンの一つのようです。

クリームパンの中

半分に割ると中はこんな感じ。カスタードクリームは甘すぎず上品な甘さでしっとりしています。

生活圏なら定期的にリピしたパン屋さんであります。ごちそうさまでした。

【一郎パン 店舗情報】
業態 パン屋さん・ベーカリー
所在地 〒532-0023 大阪府大阪市淀川区十三東5丁目1−62 サントピア淀川 1F
営業時間 7:30~18:30
※日月火定休日
駐車スペース 無し
TEL
席数 イートイン無し
最寄駅 阪急 十三駅
備考 ※禁煙
公式HP

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【一郎パン 地図】

 この記事の閲覧数:2100 Views

コメント