【阪急三番街】つけめんTETSU

つけめんTETSU

阪急三番街の地下2Fレストラン街にある「つけめんTETSU(てつ)」に。店名の通りつけ麺がメインのお店です。
つけめんTETSUは、関東に20数店舗あるチェーン店ですが、WEBを見た限り関西にはここ阪急三番街の1店舗だけのようです。

つけめんTETSUの店内

つけめんTETSUの店内は奥に長いレイアウトになっています。厨房沿いがカウンター席になってるほか、テーブル席も中央を衝立で仕切った半カウンター席になっています。ただ、この間仕切りの目隠しの位置が少し高めなので、相手の背丈にもよりますが、向かい合うとやや目線が入りやすい感じでした。

卓上

卓上の調味料など。揚げネギは、カリッネチッとした食感。スープ割用のかつお出汁がポットで置いてあります。なお、スープがぬるい場合は、焼き石の無料サービスもあるようです。

つけめんTETSUのメニュー

つけめんTETSUのメニュー。
通常のつけめんと温かいあつもりが800円で大盛りが+100円。中華そば(750円)とまぜそば(800円)もあります。
期間限定ものの梅つけ麺や、阪急三番街店限定の坦々つけ麺なんてのもやっていました。

つけめん

つけめん(800円)を注文。個人的には「あつもり」より麺が締まっている感のある通常のつけ麺が好きです。

つけめん

つけ麺はやや捻りの入った極太麺でした。食べごたえがばっちりです。

つけスープ

つけスープ。風味は強くなかったのですが、味の方は濃厚でしっかりと魚介出汁のいいコクがでていて旨いスープです。具材のみじん切りたまねぎもスープの旨みを引き立てていましたね。なお、角切りのチャーシューも入っています。

つけめん

つけ麺をズルズルッ(^¬^)

つけ麺専門でやっているだけあって、スープも麺も美味しくそれぞれの良さを感じながら味わうことができました。最後はスープ割りをしましたが、すすっていると、完汁など全くしない私でも最後まで飲んでしまいたい衝動にかられましたね。

ごちそうさまでした。

《再訪》特製坦坦つけめんを食べてみました。

つけめんTETSU 坦坦つけめん

2019年12月再訪。特製坦坦つけめん(900円税込)を注文してみました。
TETSUの中でもここ阪急三番街店限定のメニューになるようです。

つけめんTETSU 坦坦つけめん

極太のつけ麺を坦坦つけ汁に浸けていだきます。
味は濃厚で美味しいのですが、具材がほぼ無く、麺をつけて食べるだけなのでやや単調で途中から中だるみがあったかもしれませんね。

なお、出汁わり(スープ割)は、セルフで卓上に置かれていたかつおだしスープを入れてみました。合ってるのか?と半信半疑ですすってみたら意外といけていてほぼ完汁しそうになりましたけど(^_^;)。

【つけめんTETSU 阪急三番街店 店舗情報】
業態つけ麺店
所在地〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1−1−3
営業時間11:00~23:00
駐車スペース無し
TEL06-6292-7345
席数37席
最寄駅阪急 梅田駅/地下鉄 梅田駅
備考完全禁煙

※記載情報は、正確性を保証するものではありません。正確な情報は公式ページなどをご確認ください。

【つけめんTETSU 阪急三番街店 地図】

 この記事の閲覧数:3,392 ビュー

コメント