【高松市】手打十段 うどんバカ一代

手打十段 うどんバカ一代

香川県の高松市にあるうどんのお店「手打十段 うどんバカ一代」さんに。地元では「バカイチ」の愛称で親しまれている讃岐うどんのお店です。
高松市内にもたくさんのうどん店がありますが、ここも人気店の一つですね。ちなみに香川では普通なのかどうかわかりませんが、朝6時からオープンしているみたいです。

手打十段 うどんバカ一代の駐車場

駐車場が、店の角を曲がったところに計8台分ぐらいあります。観光ドライブでのうどんの食べ歩きに便利ですね。

うどんバカ一代の店内

店内はコンパクトで、テーブル席、カウンター席、座敷席があります。壁には一面ずらーっと有名来訪者のサインが飾ってあります。

うどんバカ一代のうどんメニュー

うどんのメニュー。サイズの小はうどん1玉、中は2玉、大は3玉となっていますのでご注意を。
注文やお水、トッピングなどセルフ方式となっています。まずはトレイを持って注文。待っている間にお水などを取っておきます。

  • 釜バター《温》…小 490円/中 590円/大 690円
  • 釜玉《温》…小 390円/中 480円/大 580円
  • 梅うどん《温冷》…小 380円/中 480円/大 580円
  • カレーうどん《温》…小 470円/中 570円/大 670円
  • ぶっかけ《温冷》…小 290円/中 390円/大 490円
  • 釜ぶっかけ《温》…小 330円/中 430円/大 530円
  • かけうどん《温冷》…小 230円/中 330円/大 430円

などなど

うどんバカ一代のサイドメニュー

うどんのお供のサイドメニュー。鶏天、ゲソ天など天ぷら類は一品130円、おにぎり・いなりは80円ぐらいでした。珍しいところで「いいだこ天」がありました。今思うと食べておけばよかったかも・・。

釜バター

お店の名物でもある釜バターの中(590円)を注文しました。中はうどん二玉なんで結構な量ですね。

釜バターうどん

生卵を入れ、醤油出汁をかけて食べますよ。

釜バターを食す

うどんをいただきます(^¬^)

バターと玉子が絡んで和製カルボーナーラ風。おうどんは、歯切れの良いコシを残しつつも粘りと弾力が強めでもちもちですね。
《温》しか選べませんが、このうどんは、冷より温が合うんでしょうね~と納得しました。

ごちそうさまでした。

【手打十段 うどんバカ一代 店舗情報】
業態うどん店
所在地〒760-0063 香川県高松市多賀町1丁目6?7
営業時間6:00~18:00
駐車スペース有り
TEL087-862-4705
席数37席(テーブル&カウンター席)
最寄駅
備考※禁煙 ※元旦定休
公式HPhttp://www.udonbakaichidai.co.jp/
食べログ点数3.83(2020.4)

※記載情報はブログ投稿時のもので、正確性を保証するものではありません。正確な情報は店舗の公式ページなどをご確認ください。

【手打十段 うどんバカ一代 地図】

 この記事の閲覧数:222Views

コメント